ホーム > コラムテスト

雛人形写真 雛人形写真





相変わらず寒い日も多いけど、徐々に日も長くなり、
春がそこまで来ていることを感じます。

もうすぐ桃の節句。
小さい頃は、「明かりを点けましょ、ぼんぼりにー」と言う歌も
今より多く聞こえていた気がします。
実家では年の近い姉のためにこの時期、
お雛様が飾られていました。
私も「ひなあられ」とか「甘酒」等、
決して「すごくおいしい!」という訳ではないけれど、
特別なモノが楽しみだった記憶があります。

大学生になり、社会人になり忙しい日々の中で、
自分にとってはすっかり印象が薄くなった桃の節句と
お雛様ですが、娘を持つ立場になってみると、
改めて昔の人がこの行事に馳せた思いについて
考えてみたくなります。






起源は古代中国、「季節の変わり目は邪気が入りやすい」
とのことから禊の行事が行われていたようです。

それが遣唐使により日本に伝わり、
流し雛のようなお祓いの行事になります。

室町時代にはこの行事は3月3日に固定されましたが、
今のようなお祝いではなくまだお祓いの行事でした。

江戸時代になり幕府が五節句を定め、
端午の節句が男の子の節句として
扱われる様になったのと平行して、
3月3日は桃の節句として女の子の節句として
扱われるようになったそうです。

桃は、古来不老長寿、邪気を祓う力を持つと言われていました。

乳幼児の死亡率が様々な病気により50%前後と
非常に高かった江戸時代に、
娘の無事な成長を祈った
親達の気持ちが込められていたのでしょう。

お雛様・雛人形は、
平安時代から幼い子供が人形遊びにつかっていた
「ひいな」から発展したようです。






なるほど…と思いながら、
ついついこのような行事を理解していくときに、
気になるのは旧暦の3月3日は、
新暦ではいつなんだろう…ということ。

調べてみると、どうやら今の4月21日にあたるようです。

確かに、桃が満開の時期です。

だから桃の節句なんだ!と納得しながらも、
いつもこのような時に感じるのは、
どうして日本人だけが完全に旧暦を捨ててしまったのだろう?
ということ。

中国、香港、韓国、台湾、シンガポールの友人達は、
旧正月に代表されるように旧暦も大切にしています。

特に季節の移ろいを愛する人間の一人として、
伝統的な行事の季節感を翻訳しなければ
理解できないということに、
いつもちょっとした隔靴掻痒感があります。

ただ、当時の日本の絶対的なテーマは近代化であり、
それがアジア発の最初の列強国入りを可能にしました。

旧暦から新暦への切り替えもその流れのなかで行われました。

また日本古来のお雛様(内裏雛)の並び方は、
左上位といって向かって右が男びな、
左が女びなだったのが
(人形側から見ると、左上位で左に男びな)

昭和天皇が国際マナーにのっとって
右上位にならぶようになってからは
雛人形もそれに習って右上位になったそうです。

戦後のグローバルスタンダードが、
お雛様にも反映されているということ。

現代の桃の節句・お雛様には、
日本の古代から近代、現代へと繋がる人々の思いと同時に、
明治以降日本が乗り越えてきた
近代化の歴史が詰まっているのですね。

  いろんなことを考えながら、今年の桃の節句も、
小さな世界でこの地にしかないお雛様を飾って、
日本というワンダーランドに生まれたことを感謝しながら、
娘の無事な成長を祈りたいと思います。