昭和25年から、群馬県で制作されている創作こけしです。
卯三郎こけし 花は桜
昭和25年から、群馬県で制作されている創作こけしです。
おかっぱ頭の微笑む可愛らしい女の子。 桜の模様は大胆に描かれながらも、繊細な色合い、雰囲気を感じます。
メール便可 送料無料 ラッピング可
熨斗対応可 お値打ち品 お取り寄せ商品
  • サイズ
    高さ 13cm 横幅 7cm
  • 素材
    顔・胴(水木)頭(栗)
  • 生産地
    日本(群馬県)
  • パッケージ
    個別の紙箱つき
  • 注意事項
    絵付けは一点一点職人の手に寄るものです。表情や色合いに個体差がございますので予めご了承くださいませ。
商品のこだわり
色柄紹介
色柄01
伝統こけし
色柄02
細タペストリー
色柄03
手ぬぐいを飾る
色柄04
(小)高級綸子ザブトン(8×8)
ブランド紹介
卯三郎こけし

"卯三郎こけし"は、群馬県で岡本卯三郎氏が、それまでの技法や概念にとらわれず新しい技法を用いて昭和25年から製造をはじめたこけしです。
こけしの呼び方は地方によって色々ありますが、"こ"は木、"け"は削る、"し"は子と書く【木削子】が一般的で、((木を削ってつくった可愛らしい子供))という意味です。
思いやぬくもり、伝統の技を感じてください。