1. HOME
  2. 日本文化を学ぶ
  3. 二十四節気・季節
  4. 『小暑』末候、鷹乃学を習う(たかすなわちわざをならう)
二十四節気・季節

『小暑』末候、鷹乃学を習う(たかすなわちわざをならう)

二十四節気・季節

832

みなさま、こんにちは。リテール部の岩崎です。

今日から、七十二候は、『小暑』末候、鷹乃学を習う(たかすなわちわざをならう)に移ろいました。

5〜6月ごろに生まれた鷹のヒナが、巣立ちの準備を始める頃です。
飛び方を覚え、獲物の取り方を練習し、一人前になっていきます。この時期、山あいでは鷹の幼鳥が巣立ちに備え、羽ばたきの練習を繰り返しています。

一方で、街なかの鳥は…と目を向けると、ツバメの巣が空っぽになっている様子を、ところどころで見かける様に。小さな口を大きく開けてエサをねだっていた、可愛い雛鳥たちも、親鳥も見受けられないのは、無事に巣立ったのだ、ということなんですね。


タカのエサ捕り学習が、なぜ人間の暦に登場するほど重要なのでしょう?   

それは世界じゅうの王様の食卓を支えていたからです。タカやワシなどの猛禽類は、鉄砲がない昔からカモやキジやハト、ウサギやタヌキまで調達してきました。                                   

また『鷹狩り』は高貴な方たちのスポーツであり、日本では儀式のための獲物を捕るにも欠かせない存在でした。鷹匠(タカを使って狩りをする人のこと)は、なんと戦後まで宮内庁に所属していたのです。                                    


「能ある鷹は爪を隠す」、「鳶が鷹を生む」などの諺が言い表すように、知能指数が高いことでも知られています。                                    

鳶は「ピーヒョロ〜♪」と飛ぶ姿も、なんとなくのどか。対してタカは、自分より速くても大きくても重くても捕る、というくらい徹底した肉食のハンターです。                                    

その習性と能力を、人間が狩りの道具として利用したのが『鷹狩り』。  そんな事情が「タカはトビより優秀」とされた理由かもしれませんね。                                        


狩りの失敗は次回やり方を変えて克服したりする、すごい学習能力をもっています。タカは忍耐強く、トライ&エラーの繰り返しに飽きません。

私たちも、もともとは小さな幼鳥のようなもの。

様々な訓練をして、身につけ、成長していく。環境も変化することに対応していく。

そんな人間としての成長を、鷹の様に忍耐強く遂げたいですね。





伝統や侘び寂び、テクノロジーからサブカルチャーまで、世界中の人々をワクワクさせるワンダーランドニッポン。
まだ知らなかった日本の魅力・気づかれていない日本の奥深さに焦点を当て、人と日本をつなぐ「もの・こと」を取り揃えています。