1. HOME
  2. 日本文化を学ぶ
  3. 季節
  4. 無病息災を願う「夏越の祓(なごしのはらえ)」
季節

無病息災を願う「夏越の祓(なごしのはらえ)」

暑くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。のレンの妻木です。

「夏越の祓(なごしのはらえ)」とは、6月30日におこなわれる神事のことをいいます。

半年間の罪、過ちやけがれを祓い清め、1年の前半を無事に過ごせたことに感謝するとともに、これから後の半年間、清らかな心身で健康に過ごせるよう願う神事です。
多くの神社が、6月30日に夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)を執り行います。まず宮司が大祓詞(おおはらえことば)を唱え、宮司を先頭に神職たちが茅の輪をくぐり、半年間の無病息災を祈願します。

半年後の12月31日には、同じ様に厄除けをする「年越の祓」があります。
この二つは対になる行事で、心身を清めてお盆や新しい年を迎えるためのものです。

京都 上賀茂神社

「夏越の祓(なごしのはらえ)」の由来

むかしは、衣服を毎日洗濯する習慣や自由に使える水が少なかったので、半年に一度、雑菌が繁殖しやすい夏を前に、新しいものにかえることで、一年の残り半年、疫病を予防して健康に過ごすようにしたのではと考えられています。

また、旧暦6月晦日には、ほとんどの地域で梅雨が明け、猛暑とひでりが続く夏本番を迎えることになります。ですから、この過酷な時期を乗り越えるための戒めでもあったそうです。

心身を清めてお盆を迎えるための夏越の祓には、いくつかの風習があります。


茅の輪くぐり(ちのわくぐり)

夏越の祓では多くの神社で「茅の輪くぐり(ちのわくぐり)」が行われています。

武塔神(ムトウノカミ、スサノオノミコトと同一神といわれる)がある時、泊めてくれた蘇民将来に、茅の輪を渡し「それを腰につければ疫病から逃れられる」と言ったそうです。
そして疫病が流行したとき、茅の輪をつけていた蘇民の一族は助かった、という逸話が「茅の輪くぐり」の由来です。

茅の輪とは、“ちがや”という草で編んだ大きな輪のことです。


神社の境内や鳥居の下などに作られた、大きな茅の輪の中を「水無月の夏越の祓する人は、千歳の命延ぶというなり(みなづきの なごしのはらえ するひとは ちとせのいのち のぶというなり)」と唱えながら、八の字を書くように三度くぐり抜けて、無病息災を祈ります。
その起源は、1000年以上にもさかのぼるそうで、長い歴史に驚きました。

茅の輪くぐりの方法は、神社や地域によって風習が異なりますので、それぞれのご案内を確認した方がよさそうです。


形代(かたしろ)

紙の人形に名前と年齢などを書き、体の悪いところにあたる位置をなでて、(地域や神社によって作法も変わりますが)息を三回吹きかけます。

そうして穢れを人形に移し、身代わりとして、神社などで焚いたり、川に流したりと、火や水で清めて、厄をお祓いします。

紙だけでなく、藁などで人形を作るところもあります。

最近では、自動車の形をした車形(車形代)やペット用の形代もあり、時代のニーズに合わせて変容しています。

また、お清めのために人が直接、川や海に入る地方もあるそうです。


水無月(みなづき)

6月30日に和菓子やお餅など嘉祥菓子を食べて災厄を祓い、福を招いたり、無病息災を願います。
「嘉祥」という言葉は、おめでたいしるしを意味する縁起の良い言葉です。

冷房も冷蔵庫もない時代、蒸し暑くなる7月は病気がはやりました。体力も消耗するので、甘く食べやすいお菓子でエネルギーを補給し、厄祓いをしていたそうです。

京都には「夏越の祓」の日に食べる伝統的な和菓子があります。
「水無月(みなづき)」と呼ばれ、白いういろうの上に、小豆がのった三角形のお菓子で、三角形は削りたての氷を表しています。

平安時代、宮中では旧暦6月1日に「氷の節句」が行われていました。
その時代の貴族は、冬にできた氷を山間の氷室(ひむろ)に貯蔵しておき、そこから取り寄せた氷を口にして夏を健康に過ごせるよう祈願していました。

しかし、庶民にとって氷は高嶺の花だったため、氷をかたどった三角形の生地に、厄除けの小豆をのせたお菓子が作られたのです。

6月を意味する「水無月」と名付けられた銘菓は、庶民の氷へのあこがれからできたものだったんですね。今では、夏越の祓の日の和菓子として親しまれています。

6月に入ると和菓子屋さんに並び、お店によって、ういろう部分が、抹茶やニッキ、黒砂糖など味もさまざまで、どれにしようかと迷ってしまいます。

アマビエの和菓子もありました。


先人の知恵や暮らしを想うと、昔から健康が一番大切に考えられていたんだなぁと改めて思います。
私自身、どの風習もやったことがありますが、毎年、暑さから身を守るための戒めとして、これからも行なっていくつもりです!

もうすぐ七月、暑さ本番の夏がやってきます。どうぞ、みなさま、お体ご自愛くださいませ。



京都 伏見稲荷大社


伝統や侘び寂び、テクノロジーからサブカルチャーまで、世界中の人々をワクワクさせるワンダーランドニッポン。
まだ知らなかった日本の魅力・気づかれていない日本の奥深さに焦点を当て、人と日本をつなぐ「もの・こと」を取り揃えています。