1. HOME
  2. 日本文化を学ぶ
  3. ライフスタイル
  4. 贈答線香について
ライフスタイル

贈答線香について

こんにちは、目黒店の新垣です。

今日は、贈答線香についてご紹介させていただきます。
お線香は次のような意味があります。

1.故人の食べ物
2.自身の身を清める
3.仏様とつながる機会

お線香をあげるという行為は、故人を大切にし、真摯な気持ちで供養することになります。

贈答用 線香 松栄堂 白雲・五山詰め合わせ


*お線香とお香のちがい
作り方など基本的には同じ。お香は香りを楽しむもの、お線香は仏事用といった方が多いです。
しかし、好きな香りのお線香をお香として、逆にお香をお線香として使っても全く問題はありません。

*表書きについて
一般的に、四十九日前が御霊前、四十九日後は御仏前、時期を問わず使用可能なのは御供のようです。以下の表をご参照ください。

*贈答線香を送るタイミング
喪中葉書で訃報を知った時など、ご不幸が分かった時点でできるだけ早めのタイミング、初盆を迎えるときなど。
お線香を送られる際は、送り先の方の宗教だったり、煙が出ないものの方が好まれるなど、注意するポイントもあります。

宗教などによってマナーは異なるので難しいですが、お線香の知識を少しでも知っておくと役に立ちそうですね。

目黒店
〒141-0021 東京都品川区上大崎2丁目16−9 アトレ目黒 1A 館 4F
10:00~20:00

伝統や侘び寂び、テクノロジーからサブカルチャーまで、世界中の人々をワクワクさせるワンダーランドニッポン。
まだ知らなかった日本の魅力・気づかれていない日本の奥深さに焦点を当て、人と日本をつなぐ「もの・こと」を取り揃えています。