のレン

のレンのブログ

ゼロから学ぶ和の心

【ゼロから学ぶ和の心】チーフサイズの風呂敷でできるギフトラッピング<前編>

2016/12/09

 

前回は基礎として、見た目も綺麗で、一度結べば解けない。でも解きたい時は魔法みたいにスルッと解ける真結びと、シンプルで品のある贈り物を包むのにぴったりな平包みを山田繊維の山口さんに教えていただきました!

平包みは所作も美しくてこれぞ大人!って感じだったんですが、正直私くらいの20代の人が平包みを使うシーンは少ないのかなー?と思いました。

なので、今回は私でも使いやすくて友達にプレゼントしたくなるような身近な風呂敷をつかった包み方をのレン祇園店の店長、乾さんに教えていただきました!

 

1

 

今回はチーフサイズ(約48cm)の風呂敷を使いました。大き目のハンカチと一緒くらいの大きさです。

ちなみにチーフサイズって昔は中巾って言っていたらしいです。またひとつ勉強になりました。サイズについてはまたまとめます!

チーフサイズの風呂敷はラッピングにも丁度良いサイズで可愛いアレンジができるのでおすすめです!

 

まずは"おつかい包み"という平包みと同じくらい基本的な包み方を教えていただきました。

おつかい包みは平包みと違って真結びで結ぶので中身もしっかり安定して持ち運びに便利で、真結びすることでアクセントになって可愛いです。

今回つかった風呂敷はコチャエというブランドの風呂敷です。2

風呂敷って堅いイメージがあったんですが、こんなに面白い風呂敷もあるんですね。

他にもコチャエさんには沢山可愛い柄の風呂敷があります。沢山集めて飾ったりギフトとして贈ったら喜ばれること間違いなしですね!

そしておつかい包みは箱以外も包めます。

今回は手のひらサイズの雑貨3つを包んでもらいましたが、それ以外でも、もっとバラバラな小さい小物をひとつにまとめたい時、大きくて嵩張る旅行の時の替えの洋服をまとめたい時、風呂敷一枚あれば簡単に包めます。

おつかい包みは風呂敷の包み方でも万能な包み方だと私は今回乾さんの話を聞いて思いました。

私が思ったおつかい包みのいいところをまとめてみました!

   - おつかい包みのいいところ -

  • 丸いものでもゴツゴツしてるものでもやわらかい物でも様々な形状の物を包める
  • 複数のものをまとめることができる
  • 誰でも簡単に包める
  • 包装紙と違ってリボンなどで装飾しなくても、風呂敷だけでおしゃれでかわいい
  • 真結びの部分が持ち手になるので持ちやすく中身もでない
  • 結ぶって動作に気持ちがこめられていて、ギフトにぴったり

風呂敷って包装紙とか紙袋にはない温もりがあって素敵だなと前回と今回風呂敷についてお話を聞いて思いました。

私も今度友達に何かプレゼントする機会があるときは風呂敷に包んであげようと思っています。喜ぶ顔を見るのが楽しみです!

 

そして次回は一手間かけたおしゃれで可愛いギフト用ラッピングを乾さんに教えていただきます!

 

 

 

The following two tabs change content below.
湯田(のレンオンライン)
湯田(のレンオンライン)
デザイナー
のレンオンラインショップの商品ページのデザインをしています。 静岡県富士市出身で大阪市在住です。 大阪芸術大学 デザイン学科卒業。 無類の猫好きで「佃煮」という名前の黒猫を飼っています。 よく友達と京都でカフェ巡りをしたり着物を着てお寺巡りをしていて京都が大好きですが、まだまだ京都の事勉強中です。よろしくおねがいします!

-ゼロから学ぶ和の心