のレン

のレンのブログ

ゼロから学ぶ和の心

【ゼロから学ぶ和の心】風呂敷の包み方講習会レポート

2016/12/09

初めまして!新入社員の湯田です。

 

日本の文化や和雑貨に興味はあるけどまだまだ勉強不足の私が今回、和の心をゼロから学んでいこうと思います。

私のように日本の文化に興味はある!という方に一緒に和の心を学んでもらえたらいいな、と思ってこれからブログを通して発信していこうと思います!

 

入社して間もないですが、和雑貨の魅力も少しずつ発見してきました!

和雑貨はデザイン性だけでなく、機能性や使い方のアレンジも沢山あって思いやりのある日本人の心が込められた商品が沢山あります。

そんな私の気づいた和雑貨の使い方やアレンジ、購入前に気になるポイントをお伝えしていきます!

 

そして早速"ゼロから学ぶ和の心”第一弾として、風呂敷メーカーの山田繊維の山口さんに風呂敷初心者の、のレンスタッフが風呂敷包みを教えていただきました!

1

3

まず風呂敷の第一歩として真結びを教えていただきました。

紐を結ぶとすぐに解けてしまったり、逆にきつく結びすぎて解けなくなってしまったり・・・そんな経験ありませんか?

それは縦結びで結んでいるからです。

真結びと縦結びの違いを簡単にまとめてみました。

8

真結びは見た目も綺麗な上、一度結べば解けない。でも解きたい時は魔法みたいにスルッと解けるという優れものです!

やり方はとっても簡単!

fm_mamusubis_tejun

ネットショップ店長の坂口さんもきれいに真結びできました!

2

 

そして、真結びは解き方もとても簡単!

片方の先と結び目の元を持ち、それぞれをピンと引っ張って、逆の結び目を引っ張ると・・・


gif

硬くてほどけなかった結び目も簡単に解けます。

風呂敷以外にもスーパー袋などでも真結びできるので、お買い物のときなどにぜひ実践してみてください。

 

5

そして、今度は実際に風呂敷を包んでみました!

今回は平包みという風呂敷包みの一番シンプルな包み方を教えていただきました。平包みは礼儀正しくて上品で贈り物などにぴったりの包み方だそうです。

まずは山田繊維の山口さんのお手本!

お手本を見て今度はのレンスタッフの田中さんが挑戦!

田中さん、所作が美しいと褒めていただいてました。

そして平包みのポイントを教えていただきました。

   - 平包みをきれいに包むポイント -

  • 包む物の大きさによって使う風呂敷を選ぶ。(目安としては包む物が風呂敷の真ん中に置いた時に1/3程度になる風呂敷の大きさがベスト)
  • 両サイドを折るときに内側を少し中に折り込むと角がピタっと綺麗にできるそうです。
  • 風呂敷の見せたい柄(主柄)を奥にして包むと最後に柄が綺麗に出ます。

 

平包みはとっても簡単で贈り物にもサッと包めるのでぜひマスターして、お友達や大切な人に披露してみてください!

7

そしてふろしきってルールとか使い方とか難しそう。とか、ちゃんと知らないのに使うのは気が引ける。

そういうイメージを持っていてなかなか使う機会がありませんでした。

しかし山田繊維さんのお話では風呂敷って日用品であってルールとか決まりとかは全然なくてもっとカジュアルに使えるアイテムと仰っていました。

最近は沢山柄の種類もあっておしゃれで可愛いデザインも沢山増えています。

便利でエコでかっこいい、風呂敷もっとこれから使っていこうと思いました!

 

 

 

The following two tabs change content below.
湯田(のレンオンライン)
湯田(のレンオンライン)
デザイナー
のレンオンラインショップの商品ページのデザインをしています。 静岡県富士市出身で大阪市在住です。 大阪芸術大学 デザイン学科卒業。 無類の猫好きで「佃煮」という名前の黒猫を飼っています。 よく友達と京都でカフェ巡りをしたり着物を着てお寺巡りをしていて京都が大好きですが、まだまだ京都の事勉強中です。よろしくおねがいします!

-ゼロから学ぶ和の心
-, , ,